30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

たった2万円の投資で実現!!読書習慣化のコツは、Kindleにあり!!【Kindleってめちゃくちゃすごい】

読書習慣化は、Kindleを導入することだけでOK!!

 

読書習慣がなかなか身につかない人は大多数に及ぶと思います。

 

何を隠そう私もその中の1人でした。ずっと読書を習慣化したいと心の底から願ってきましたが、願っても結局読書を習慣にすることができず、未読の本が溜まっていくと言う悪循環に辟易していました。

 

そんな時、私が出会った本の中に、習慣化のコツは、ハードルを

ものすごく下げることであるとの名言を見つけました。

 

良い行いを習慣化するためには、その良い行いを、実行しやすいように、ハードルを下げまくる事が1番大事である、そして悪い行いを止めるためには、ハードルを上げまくる事が1番大事であると言う名言に出会いました。

 

この名言に出会ってからというもの、私は、5年以上習慣にしたいと思っていてできなかった読書を習慣化する事に成功しました。

 

やり方としては、本当に単純です。

 

①まずはKindleを購入する。

(Kindle paper Whiteが良いですが、iPhoneしか持っていないと言う形は、iPhoneKindleのアプリをダウンロードするのみでも良いです)

 

Kindleから、電子書籍を購入する。

 

③お手持ちのiPhoneもしくはスマホから、Kindleのアプリをダウンロードする。

 

④購入した電子書籍を、iPhoneの読み上げ機能を使って、読み上げを行う。

 

Kindle paper Whiteを開いて、読み上げに続いて、本を読む。

 

たったこれだけ工夫しただけで、完全に読書を習慣化する事に成功しました。

 

この方法で、いかに読書のハードルを下げたかと言う事ですが、まずKindle paper Whiteを購入した事で、読みたいと思った本をすぐに購入することができます。

 

これにより、格段に読書ハードルが下がります。

 

さらに、iPhoneの読み上げ機能を利用することにより、自分の本を読んで本をめくると言う1番大きなハードルを、ものすごい勢いで下げてくれます。

 

よく子供の頃、親に冒険小説の読み聞かせをしてもらった経験のある人は、多いと思いますが、本当にそんな感覚。自分で、活字を読み上げていくことがいかにハードルの高いことであったかが良くわかります。

 

ここまで、読んでいくと、iPhonekindleアプリを導入するだけで良いじゃんと思う人が多いと思いますが、どうしてもiPhoneだと画面が小さい、長時間の読書には、不向きなのです。その点Kindle paper Whiteは、画面がちょうど良いし、まるで紙の本をよんでいるような質感で目が疲れません。

 

なので、是非、購入をおすすめします。

 

読み上げてもらっている活字に続けてKindle paper Whiteを追うことのなんて快適なことか!!これには、びっくりしました。なんでもっと早くやらなかったんだと後悔すること請け合いです。

 

この2つの方法だけで、完全に読書を習慣化することが可能です。仕事や人生には、工夫が大事で、あるのは常に工夫だけとはよく言われますが、本当にその通りだと思います。

 

もし読書を習慣化したいと思っているのになかなか習慣にできない人は是非この方法を試してみてもらいたいと思います。

 

あまりの快適さにびっくりして、何時間でも大丈夫と唄われていますが、本当にその通りだと思います。

 

もし読書を習慣化したいと思っているのになかなか習慣ができない人は是非この方法試してみてもらいたいと思います。

 

あまりの快適さにびっくりして、何冊でも読書したいと思うし、読書の凄さにも改めて気づかされること請け合いです。ぜひお試しあれ。