30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

これでスッキリメンタル改善-認知行動療法やり方まとめその4

認知行動療法のやり方その4です。

 

以前の記事はこちら。

 

hiro-for-all.hatenablog.com

 

 

hiro-for-all.hatenablog.com

 

 

hiro-for-all.hatenablog.com

 

自動思考の根拠を書き出す

 

 

今回は、自動思考が浮かんだ根拠を描き出すです。

 

今回と次回の2回が1番大切な回だと思います。

 

自動思考が浮かんだ事実を確かめて、客観的にそう考える理由、証拠は何か?と考えます。

 

以前の記事からピックアップすると、

 

例えば、

 

・私は、会社のメンバーに嫌われているに違いない。(確信度 80%)

・私は会社のメンバーから、無視されているに違いない。(確信度  70%)

 

そう思った、考えた理由は?、証拠は?、と考え、客観的に理由と証拠を書き出していきます。

 

こちらも客観的に事実を確かめて、記載することがポイントです。

 

・私以外のメンバーは、全員、飲みに出かけて行った。

・私は、飲み会に誘われなかった。

 

自動思考を二つ記載しているならば、その両方について、書くこともできますし、どちらか一方について、書くでもOKです。

 

慣れるまでは、確信度の高い方について、記載していくのが簡単で、ポイントを掴みやすいと思います。

 

今回は、・私は、会社のメンバーに嫌われているに違いない。(確信度 80%) の自動思考について、根拠を書いてみました。

 

以上でその4も完了です。

次回は、最も大事なポイントである、反証を書き出すについてです。

今回の根拠と反証の事実を勘案して、最後に適応思考に直すというステップに進んでいきます。

 

認知行動療法は、うつ病の治療に用いられるだけでなく、メタ認知を鍛え、成功に近づく技術であると言われています。うつ病以外の人にも、かなり使える技法であるので、是非習得して、実生活に役立ててほしいと思います。