30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

これでスッキリメンタル改善-認知行動療法やり方まとめその2

認知行動療法のやり方を、さらに紹介したいと思います。

 

以前の記事はこちら。

 

 

hiro-for-all.hatenablog.com

 

セカンドステップ 状況を書きだす 

 

感情気分を記録することができたら、次のステップは、状況を書き出すことです。

 

状況としては、いつのことか?、どこにいたか?、誰と一緒にいたか?、何をしていたか?

 

といったところです。よくある例としては、

 

夕方6時、会社で残業中、私以外のメンバーが、飲み会で出かけて行った時。

 

こういった要領です。非常に簡単です。

 

その時にどういった気分、感情になったか、と言うのがファーストステップで、その時、不安(80%)、嫌悪感(50%)だった、と記録すればよいわけです。

 

もちろん、昔のことも記録することができます。

 

例えば、

 

2013年6月22日、自動車を運転中、後ろから追突され、被害事故を受けた。

 

といった感じです。衝撃的な出来事の場合、昔のことを覚えているので、そういったことを思い出して、記録しても効果があります。

 

私の場合は、すぐに書かないと忘れてしまう、もしくは、その時の気分を改善したい、と言うことが多いので、ほとんど、ネガティブな気持ちを認知した時にすぐに、記載するようにしています。

 

その辺は、人それぞれですので、自分に合ったやり方を見つけて行ってもらえたらと思います。

 

セカンドステップは非常に簡単です。

 

次はサードステップですが、今回はここまでにします。

follow us in feedly