30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

30代サラリーマンが人生に成功するセルフコントロール能力を獲得するたった2つの方法ー継続的に勉強を続けるコツ

セルフコントロール能力を獲得するために

 

勉強の継続は、なぜ大切か?

 

もちろん仕事に役立つ、フロー状態を経験できるからとかいろいろメリットは、ありますが、このブログで紹介しているのは、人生に成功することがわかっているセルフコントロール能力をつけるためにです。

 

セルフコントロール能力は、人生の成功に必須の能力で、コツコツ継続することややり遂げる能力のグリッド等でも紹介されている大切な能力です。

 

以下、勉強を続けるためのコツを考えてみたいと思います。

 

 セルフコントロール能力をつけるには、自制心や誠実性の性格傾向を獲得する必要があるので、勉強を少しでもいいので、コツコツ継続する必要があります。

 

そのためには、まとまった時間が取れたら勉強をするという考えは改めたほうが良いです。まとまった時間を取れない方が普通ですので、先送りの前兆です。

 

①ですので1つ目のコツは、勉強する時間を決めることが継続への近道です。

 

こちらのブログでよく紹介しているif-thenプランニングを使用します。

 

具体的には、

・月水金は、早く仕事を切り上げて、18時半から30分間勉強する。

・朝起きたら、運動した後、20分間読書の時間を作る。

・土曜日、日曜日は、午後4時から午後6時まで学んだ勉強について、 PowerPointにまとめる。

 

このように、プランニングして、勉強を習慣化することが1つ目のコツです。

 

if-thenプランニングは、非常に簡単ですが、目標達成が、 300%向上することがわかっているので、if-thenプランニングを使わない手は無いです。

 

②そして2つ目、ちょっとでもいいので、勉強する。

 

今回の勉強する習慣をつける理由は、セルフコントロール能力をつけるためです。ですので、ちょっとでもいいので勉強すれば良いです。テストで高得点を取ったり、仕事で生かすと言う理由ではないので、ちょっとでいいです。

 

勉強などを始めてみればわかりますが、 5分間だけやろうと思って、継続すると気分が乗ってきて、30分やっていたと言うことがよく起きます。

 

このへんの事実は、タル・ベン・シャハーも語っていて、5分間テイクオフと言われている手法と似ています。

 

何かを始めるときに、1番初めのエネルギーが1番かかるということがわかっています。ですので始めることが1番難しい事ですので、ちょっとでもいいから毎日やる習慣をつけることが、セルフコントロール能力を身に付けることにつながるのです。

 

以上2点、if-thenプランニングを活用して、勉強する時間を1日のプログラムに組み込む。ちょっとでもいいので、勉強する、この2点を自分でも意識して、勉強に取り組もうと思っております。

 

あくまで、セルフコントロール能力を伸ばすためにです。