30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

うつ病は食事で治す-まずはじめよう野菜生活

私がうつ病寛解、小康状態にできた要因はいくつかあります。

 

その中の1つが、野菜生活です。

 

しかも、誰でも簡単に、すぐ始めることができます。

 

自分の体は、あなたが食べたものでできている、とよく言われることがあります。実はその通りで、うつ病やメンタル悪化に関しては、食事の改善がとても重要になってきます。

 

やめた食生活

 

まず私が、やめた食生活ですが。

 

①甘いもの一切取らない。

例)炭酸飲料、清涼飲料水、お菓子。

 

②加工食品はなるべくやめる。

例)カップラーメン、ジャンクフード

 

③パスタ、パン、麺類は食べない。

 

以上の3つです。

 

まず、甘いもの一切取らないですが、甘い炭酸飲料水や、清涼飲料水は、メンタルを悪化させることが、研究で明らかになっています。

 

鬱っぽいなぁと思う時は、甘い飲み物は控えてみるのが吉です。

 

加工食品も、メンタルを悪化させる傾向があるということが、実証されています。これは、感覚でもわかると思いますが、カップラーメンや、ジャンクフードばかりを食べていれば、気分が塞ぎ込み、鬱っぽくなってしまう、と言うのは誰でも経験していることだと思います。

 

わたし自身も、カップラーメンやジャンクフードは大好きで、よく食べていましたが、それを止めることで、徐々にメンタルは改善していきました。

 

3つ目のパスタ、パン、麺類は、意外に思われる方も多いかもしれませんが、パンやパスタばかり食べていると、鬱になりやすくなる、と言う研究結果は、すでに全世界で報告されています。

 

小麦粉が、メンタルには、あまり良い影響を与えないそうです。

 

以上の、3つを止めることで、だいぶメンタルは改善されてくると思われます。

 

始めよう野菜生活

 

それに加えて、私が実践しているのは野菜生活です。私も一人暮らしをしているので、毎日スーパーに行って、様々な野菜を購入して、調理するという事は忙しくてできません。

 

そこでお勧めするのが、スーパーのカット野菜やコンビニサラダです。現在は、コンビニも進化していて、だいぶ様々な野菜を、購入することができます。

 

野菜は、食物繊維の宝庫です。実は、うつ病やメンタル悪化は、腸の炎症によるものだと言う説も、だいぶ説得力を増してきています。

 

食物繊維をとることで、腸内細菌の餌となり、腸の炎症が改善され、メンタルが改善するというステップです。

 

鬱っぽくて、調子が悪い、行動する気力がない、と言う人でも、簡単に実践できることですので、ぜひ試してみてほしいと思います。

 

私も、これを実践することで、だいぶメンタルが改善されたと思っております。ぜひお試しください。

follow us in feedly