30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

30代サラリーマンのブログ。人生をより良くするには?成功するには?について主に書いてます。

無から有を産み出す

まず実行すべきは、無から有を産み出すこと

 

f:id:hiro-for-all:20210327114935j:plain

Background vector created by rawpixel.com - www.freepik.com

 

日本で最高の経営者の1人として名前が知れた人の中に斉藤一人さんがいます。斉藤一人さんは、いろいろな執筆や活動を通して、どうすれば成功できるのかという成功法則もたくさんの人に教えています。

 

その中の1つに、「無から有を産み出す」なるものがあり、非常にためになったので、ご紹介します。

 

あなたがラーメン屋さんを経営していると思ってください。そのラーメン屋さんの売り上げを上げるために、お金をかけないで、三日間のうちに5つアイデアを出してください。

 

例えば、

 

・店の前を掃除する

・張り紙をもっと魅力的なものに変更する

・お客さんに愛想良く振る舞う

・盛り付け方をもっときれいにする

・トイレをもっときれいに掃除する

 

こういった具合です。そしてこのお金をかけないで出した5つのアイデアを実行していきます。

 

 

これを継続していくと無から有を産み出すことが初めてできるようになっていきます。

 

このことを知って初めて、さらにお金をかけて改良していくことが格段に上手くなっていくようになるんだとおっしゃっています。

 

よくこういった話をすると、私は5つもアイデアを出すことができませんという人に遭遇するそうですが、そういった時にアイデアを出すことができる方法も斉藤一人さんを教えています。

 

もし3日のうちに5つのアイデアを出さないと、あなたは銃殺されると思ってください 

 

 

と言っています。

 

本当にそのように思っていると、1時間位で3つのアイディアを出すことができると回答しています。

 

そして、厳しいようだけれども、5つのアイデアを出すことができない人というのは、才能が無いのではなくて、ただ怠けているんだ と思ってくださいとも言っています。

 

経営者にもし自分がなっていくのだとしたら、そこで働いている人たちの人を使ったり、社会に貢献したりしていかなければなりません。

そういった中で1つのアイデアも出すことができない人は、怠けているんだとおっしゃっています。

 

これはなかなか厳しい主張ですが、真理では無いのかなあとも思います。自分は経営者に向いていないとか、自分はアイデアを出すことができない、ではなくて 自分は怠けているんだと考えることができるかどうか。

 

そして、これを淡々と継続していくことだけが成功への道なのだともおっしゃっていて、正しくその通りだな~~と思う今日この頃です。

 

あなたが経営者であれ、サラリーマンであれ、まずはお金をかけずにできる改善案を5つ考えて、継続してみることから始めるのはいかがでしょうか?