30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

仕事で成果を上げるには、他の人の怒りに敏感になれ!!

仕事のできる人は、みんないい人の謎は、他の人の怒りに敏感だった!!

 

f:id:hiro-for-all:20190715094036j:plain

<a href="https://www.freepik.com/free-photos-vectors/icon">Icon vector created by rawpixel.com - www.freepik.com</a>

 

 

仕事をしていくと気づくことですが、1人で、成果を出していく事は、できません。チームとしての機能を果たしていき、チームとして結果を出していく必要があります。

 

そしてそのためには、どのような方法をとっていかなければならないかについて、非常に的を得た主張がありましたので、今回はその主張について紹介したいと思います。



「リアル」な場では、人の怒りについて鈍感であるわけにはいかなかった。

 

先輩、上司たちを怒らせてしまうような人間には仕事は回ってこず、仕事を教えてもらうことすらできない。

 

だが、仕事は、それでは困る。

 

仕事は、相手の人が動いてくれて初めて、自分も成果をあげることができるのである。

 

 

まずは、人が怒りに敏感であること、人はどういう事をすると、怒り、態度を変えてしまうのかということをよく知る事が必要だということがわかります。

 

仕事をしていく中では、人の怒りに対して敏感でなければなりません。そして、人を怒らせないための方法論があります。

 

 

①人は、批判と侮辱を区別しないので、批判は厳禁。

 

 

コミニケーションをとっている中で、批判と侮辱を区別できないので、コミニケーションをとっている中では100%肯定で間違いないと書かれていて、まさしくその通りと思いました。

 

書かれていたのは、自分の意見を伝える方法は会話以外でもとてもたくさんあるので、会話は100%肯定で間違いないそうです。

 

 

②人は皆、自分は優れていると思っているので「あなたは優れている」とほめる。

 

多くのことを成し遂げる人と成し遂げられない人の違いは、自分の事を主張しないで、いかに相手を褒めることができるかであるとの主張を、見たこともありますが、おそらくそれは真実で、謙虚になり相手を褒める。

 

おそらく仕事の中で、1番大事な事は相手を褒めることなのかもしれないと最近は思っている次第です。



③人は「平等」を求めず「特別扱い」を求めるので、「あなたは特別」と告げる。

 

 

人はだれでも、自分の人生を必死に生きようとしていて、すべての人が、もがきながら毎日過ごしています。であるならば、それぞれの人が、自分の人生を必死に生きているという存在においては、特別な存在であると言えるでしょう。であれば、あなたは特別な存在だと褒める事も容易ではないでしょうか。

 

④人はみな、「思い通りにならないのは自分の責任ではない」と思っているので、「あなたのせいではない」と慰める。

 

 

人は皆、もっとこうなりたいとか、自分の世界を変えたいと思って、毎日努力をしていますが、その中で、自分の意思と戦ってもがいたりしています。

 

そんな中で自分の気持ちに抗えず、信念に負け、立てた新しい目標を達成できずに、見て見ぬふりをしてしまったりと言うことが多々起きます。

 

そして、そういった思い通りにならない状況は、何か神の力が働いていると思ったりすることもできます。であるならば、思い通りにできない状況は、自分のせいではなく、周りや、それを取り仕切っている神のせいと思う事もたやすいことです。

 

そしてほとんどの人がそのように思っています。例にもれず私もそのように思っている1人です。

 

そのことを認めて、今の状況はあなたのせいでは無いと言ってくれる人が周りにいればどんなに救われることでしょうか。辛い現実を見る事は誰にとっても辛いことです。それを少しでも、フォローしてくれる人は、誰にでも好かれることでしょう。

 

以上、人の怒りに敏感になれる方法論4つでした。これをよく意識して、コミュニケーションを取ろうと自分に言い聞かせております。