30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

野菜とフルーツを食べると、2年間以内に幸せが20%増える

野菜とフルーツの健康効果が凄い!!

 

 

f:id:hiro-for-all:20190502085121j:plain

<a href="https://www.freepik.com/free-photos-vectors/hand">Hand photo created by katemangostar - www.freepik.com</a>

 

 

子供の頃は、野菜をもっと食べなさい、朝の果物は、金だ!!などとよく言われていましたが、それを裏付ける研究結果が紹介されていましたので、報告します。

 

「野菜とフルーツを食べると2年以内に幸福度があがる!」って論文(1)がよかったんでメモ。この研究については、ほぼタイトルがすべてなのであとは読まなくても大丈夫です(笑)



これはワーウィック大学の研究で、12,385名のオーストラリア人を調査したもの。2007〜2009年と2009〜2013年の2つの期間にわけて食事の記録をつけてもらい、同時に「人生の満足度」もチェックしつづけたんですね。

 



で、結果はこんな感じになりました。

Vegfluet

 

非常にわかりやすく幸福感があがってますねー。とにかく野菜とフルーツを食べまくれば、ほぼ2年以内には確実に人生の満足度がアップするらしい。



研究者いわく、

 

野菜とフルーツには、心理的なメリットも多い。野菜とフルーツを食べると、健康になるよりも早く私たちの幸福感はあがる。

 

野菜やフルーツで抗がん効果を得るためには、およそ数十年はかかってしまう。それでは、多くの人たちが健康的な食事のモチベーションを保つのは難しい。

 

しかし、それにくらべれば、野菜とフルーツによる心理的なメリットは手早く得られる。

 

 

 

野菜とフルーツってよく健康に良いとか、幸せになれるとか言われていますが、それが本当だということが裏付けられました。

 

おそらく野菜とフルーツの食物繊維や、エクソソームが人体に良い影響を与えているんでしょう。とにかく、手っ取り早く幸福度を上げたければ、一日の野菜とフルーツの摂取量を多くすることで解決するようですね。

 

そして、その生活を10年続けられれば、抗がん効果も得られる。一石二鳥です。