30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

朝ドラ「まんぷく」が期待大な件!【見てるか?梅子、お前を超える逸材がここにいる、しかも同時に2人もだ!!】

梅ちゃん先生を超える逸材か?朝ドラ「まんぷく

 

朝ドラの「まんぷく」が、非常に面白いです。

 

すさんだ日常の一時の癒しになっています。私の中での朝ドラの最高傑作は、「梅ちゃん先生ですが、「まんぷく」は「梅ちゃん先生」を超える勢いを放っています。

 

2つの朝ドラは、共通点も多いです。

 

どちらの朝ドラも、戦中から戦後がメインの話になります。

 

梅ちゃん先生」は、戦後何もない焼け野原になった蒲田が舞台で、そこで堀北真希さん演じる梅子が、医者を目指して、成長していくドラマです。

 

一方現在放送中の「まんぷく」は、辛い戦中を生き延びた夫婦が、人の役に立ちたい、食べる事は生きることだと言う信念のもと、現在のヒット商品となっているインスタントラーメンの開発を手がけていくドラマになっています。

 

どちらも、壮絶な戦中を経験した主人公が、戦後どのように周りを巻き込んで成長していくかを描いています。

 

梅ちゃん先生」の何が良かったかは、配役の妙に尽きます。

 

主役の堀北さんが素晴らしいのはもちろんですが、それを支える堅物のお父さん役の高橋克己さん、梅子の幼なじみで、いずれ梅子を支え、夫となる松坂桃李さん、松坂さんのお父さん役に現在ヨガで売り出し中の片岡鶴太郎さんと、味のある役者さんが揃っていました。

 

心温まるストーリーに非常に心を動かされましたが、「まんぷく」もそれに似ているストーリー展開になっています。

 

ヒロインに抜擢された安藤サクラさんはもちろんのこと、安藤サクラさんの夫役の長谷川博己さん、お母さん役の松坂慶子さんがとても良い雰囲気を作り出しています。

 

「私は武士の娘です!!」が口癖で、最初はうっとうしかったのですが、いつの間にか愛着のあるキャラクターにとって変わっています。

 

長谷川博己さん演じる立花萬平さんの過去は壮絶なものです。無実の罪で警察にとらわれ、虐待を受け、警察に殺されかけます。

 

安藤サクラさんなどの活躍により、何とか1命を取り留め、警察から釈放され、その事件が転機となり、「食べる事は生きること」であるとの信念を萬平さんは持ちます。

 

戦争が終わってからの2人の快進撃はすごいものがあります。「はんこ屋」をやったと思ったら、今は、塩作りに奔走しています。

 

死にぞこなって、虐待を受けた経験から、大きな成長を遂げています。

 

この2人のひたむきな姿に、とても感動します。

 

梅ちゃん先生」は、結婚までが遅かったので、梅子1人の成長を描いてきた感じですが、「まんぷく」は、すぐに結婚し、2人の成長を描いている点がとてもパワフルです。



私の中での、朝ドラナンバーワンをぜひ満腹には振り替えて欲しい、そう切に願っております。

 

今年もソチオリンピック、ロシアワールドカップといろいろあり、たくさんの人が活躍しましたが、私の中で、今年の顔は、断然で「安藤サクラ」さんです。

 

毎日の一時の癒しとして、必ず毎日見続けたいと思います。