30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

「成果が12倍に上がる!」最高の友人を作るには、自分を知ってもらうことから始めましょう!

以前に、職場に最高の友人がいれば、成果が12倍に上がるという記事を書きました。

 

hiro-for-all.hatenab

 

そのため、職場に最高の友人を作る事は、非常に重要なことです。しかし最高の友人を作ることを意識すぎて、気をつかってしまえば、深い仲になることができません。

 

仕事場で最高の友人を作るためには、利害関係を超えた仕事とプライベートを混同するようないわゆる「公私混同」が必要なのです。

 

夫婦であれば、それぞれのパートナーは、最高の友人であることに違いはありませんが、どこかで、気を使いあっている夫婦というのは、ぎこちなく見えるものです。

 

自分の思いや、感情、考え方を、面倒くさがらず、丁寧にコミニケーションを取ることが、最高の友人を作る事においても大事だということがよくわかった私の経験があります。

 

例えば、気を使いながら、友達と、1日旅行に行く場合、正直、1日24時間ずっと気を使い続けるという事は、とても疲れるし、お互いに気を使い続ければ、深い仲になることは絶対にできません。

 

その場合、自分のやりたいこと、好きなこと、見たい場所、行きたい場所を友人に話し、友人がどう思うかをよく聞くことが第一のやらなければならないことで、友人のやりたいこと、行きたい場所だけに行ってても、友人も楽しくないし、自分も楽しくないということを学生時代に経験しました。

 

深い中の友人、友達を作るためには、まずは自分を知ってもらう努力が必要だということです。

 

 しかし、そう考えても、仕事においては、自分を知ってもらう事は、意味のないことであり、できる人であれば、上司の決定や上の指示が、絶対条件であるという事は理解しています。

 

だから、職場で最高の友人を作る事は、無理ゲーであって、めちゃめちゃ難しいことなのです。どこかで、仕事とプライベートの線引きを引き離し、自分自身を知ってもらう、また相手のプライベートをよく知ることが必要なのです。

 

完全に矛盾していますが、基本的に難しいことであるので、もし最高の友人を作ることができれば、成果が12倍にまで上がるのだと思います。

 

最高の友人の二人が協力すれば、成果も上がることは、容易に想像できます。

 

このことを頭に留めて、最高の友人を作る努力を継続したいと思います。

(どうやってやったら作ったら良いか、時間をかけて考えてみたいと思います。)