30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

ナイナイ以降、売れたお笑い芸人が出てこない話が面白かった件

ナインティナインが売れた理由

 

あまりこのブログでは、取り扱わない記事ですが、ネットの記事を見ていたら、非常に面白い考察の記事を見つけました。

 

私はナインティナイン世代ですが、たけし、さんま、タモリダウンタウンとんねるずウッチャンナンチャンナインティナイン以降、売れたお笑い芸人が出てこない話の考察をしていました。

 

考察のポイントとしては、

 

他の芸人に迎合してしまうと売れない

 

という考察です。

 

ナインティナインは、片岡飛鳥めちゃイケのコンテンツで、売れている芸人とは絡まず、岡村隆史の顔芸と動き、矢部浩之の敬語ツッコミで世間の注目を集めました。

 

ちょうどこの時は、ダウンタウンの全盛時代で、ダウンタウンと絡まずにテレビに出続ける事は、非常に難しかったと思いますが、これを続けたことが成功した一因と言うことでしょうか?

 

当時の深夜ラジオ、ナインティナインのオールナイトニッポンでも、初期の頃は、めちゃめちゃ尖っていました。反町隆史SMAPにも喧嘩を売る位でした。

 

ダウンタウンとの共演も、15年以上ありませんでした。そのおかげで独自の路線を走り、ナインティナインは売れることができたという仮説です。

 

これは一理ありそうです。

 

惜しかったのがはねるのトびらで10年以上続きましたが、コンテンツがめちゃイケかぶりに見えたことが、失敗だった。当時のキングコングもナイナイのパクリに見えてしまいました。

 

はねるのトびらが、もう少し独自性を追求していれば、キングコングは売れた存在になったかもしれません。

 

ここから先、お笑い界のスターが出てくるのかという事ですが、上で挙げた芸人に絡まずに、独自の路線を追求していくのは非常に難しいと思います。

 

孤独と強い精神力、片岡飛鳥のような敏腕プロデューサー、そして本人の実力を兼ね備えたお笑い界のニュースターの登場を待ちわびています。

 

ナインティナインを超える逸材は、今後登場するのでしょうか?