30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

仕事で成果を出すための3つの方法論【私の考えですので、読み飛ばして下さい】

仕事で成果を出すためには?

 

非常に難しいことである成果に関することについてです。仕事で、成果を出し続けるために、どのように仕事をしていけばよいのでしょうか?

 

非常に難しいことで、なかなかできることではありません。一朝一夕で成し遂げられることではなく、簡単なノウハウなどありません。

 

が、わたしが考える3つの方法を示します。完全に私の考えですので、読み飛ばして下さい。なんの根拠もありませんので、悪しからず。

 

継続!継続!継続! 

 

まず、1番重要な事は、長い間、継続することができるか?ということだと思います。

 

私は、2年半の休職をしてしまい、そのことで、いろいろ考えることがありましたが、1番重要な事はコツコツと継続できる能力が1番重要だと思います。

 

それこそ長い間、10年、20年続ける気持ちでないと、意味がありません。それは、誰もが、経験することで、1人前、プロフェッショナルになるには、10年、20年はかかってしまうのです。

 

1番重要なことが、継続することだとわかって、一体どのようにすれば、継続することができるのでしょうか?

 

自分の思いついたことを、書いて行ってみたいと思います。

 

①過程を楽しむ。

 

結果ばかり求めるのではなく、やっている過程を楽しむ必要があります。結果が出れば誰でも嬉しいですが、結果が出る方が、少ないと言う性質が仕事にはあり、失敗しても、地道にもう一度繰り返して継続する必要があります。

 

そのためには、やっている過程自体を楽しんでしまう必要があります。これからは結果を求めるのではなく、仕事をやっている過程自体を楽しもうと思います。

 

②目の前のことに集中する(過去、未来を考えない)

 

これは、ストレス対策にもなりますが、過去や未来を考えすぎてしまうと、幸福度が大きく下がるということがわかっています。

 

過去思い悩んだり、未来を考えすぎたりしてしまうとよくない影響を与えてしまうということです。

 

結果を出すために、考えれば考えるほど良いと思う人は多いかもしれませんが、反芻思考は、実は悪影響を及ぼすということがわかっています。

 

私も、未来や過去を考えすぎてしまう傾向があり、そのためにメンタル悪化を引き起こしていたことがわかりましたので 、今に集中することを大切にしたいと思います。

 

 ③感情的にならない、理性を保つ

 

仕事をしていると、むかつくことがたくさんあります。むかつく上司がいれば、どうしても感情的になり、ネガティブな感情が生まれます。

 

そこで、上司と言い合いになって、関係が悪化するなどと言う事はよくあると思いますが、完全なマイナスです。

 

感情的に仕事をする事は、マイナスの要素しかありません。むかついたり、イラついたりしても、うまく理性を保つ必要があります。

 

理性を保つ事は、とても難しいので、この辺については効果的な具体策を考えていきたいと思います。

 

以上3点あげましたが、自分でよく振り返り、この3点に注意して、日々の仕事に邁進していこうと思います。