30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

【年上の部下の取り扱いに悩んでいる中間管理職必見】すぐに使える部下の取り扱い3つのコツ

年上の部下の取り扱いについて

 

企業における製品開発において、すべてにおいて優先されるのは、アイディア、知識のある人が正義で、無い人は、アイディア、知識のある人に従うしかありません。

 

これは、企業において最も優先されるべきものです。なぜなら、企業は、成果を出すために存在しているものであって、成果、利益を生み出す事ができなくなれば、企業が存続することはできません。

 

つまり企業においては、戦力になる人が第一優先、最も有益である人とみなされ、厚い待遇を受けます。

 

企業においての、製品開発優先は、絶対的なものです。そこで生じてくるのが、年齢の不均衡、入社順、勤続年数の不釣り合いです。

 

製品開発の現場では、年齢の不均衡は日常茶飯事です。20代後半の人が、50代中盤の人に、指示を出し、開発する現場は数多く見られます。

 

なぜなら、アイデア、知識がない人は、ある人に従うしかないからです。アイデアがなければ、良い製品を生み出すことができません。

 

それは、企業にとって最も致命的なものです。ですので、アイデア、知識、成果を出せる人が、重宝される事は誰でも見当がつきます。

 

こういった逆転現象が起きる際に、気をつけなければならないのが、指示を聞いてくれなかったり、思うように働いてくれない部下の処遇です。

 

20代後半の人の指示を、50代中盤が聞かなければならない場合、プライドがある50代であれば、どうしても嫌だと思うだろうことが容易に想像できます。

 

リーダーへの嫉妬心であったり、自分の仕事に対するプライドであるものが、邪魔をして、どうしても指示を素直に聞き、働くことができないという状況はよく起こります。

 

こういった時、リーダーや、上司はどのように対処すれば良いのでしょうか? 

 

 

この問いに対する、的確な答えが、ウェブの記事で見つかりました。

 

 

①こういった問題は、時間が解決することをきちんと認識すること。

 

自分に当てはめて考えると良くわかりますが、嫉妬や怒りの感情は、それほど長続きせず、時間の経過とともに、わだかまりが消えていくことが多い

 

 と言及していました。確かにこれは、その通りで、ひどいことをされても、いづれ忘れるし、時間が経過すると印象も大きく変わることが多いです。

 

②成果を出し続けること

 

 

成果をきちんと上げ続けていれば、結局はその人は従わざるを得ないと言うことでしょう。全くその通りと思います。

 

③真摯な行動とること。

 

 

私はあなたと、対等の関係にあると思っているなどと言ってしまうのは1番やってはいけない事で、指示した仕事をやらない、自分勝手な行動をしているなどの態度を見たときは、厳正にその人へ注意を促さなければならない。

 

自分の取った真摯な行動を見ている周りは、どちらに理があるのかをすぐに判断できると言うことらしいです。これももっともなことだと思います。

 

以上、まとめると、

  1. こういった問題は、時間が解決することをきちんと認識すること。
  2. 成果を出し続けること
  3. 真摯な行動とること

 

年上の部下の取り扱いで悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか?