30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

意志力の限界はあるのか?、ないのか?-スタンフォードの自分を変える教室の書評

意志力の限界説

 

以前に、スタンフォードの自分を変える教室に乗っている、意志力筋について記事を書きました。

 

 

hiro-for-all.hatenablog.com

 

 

この意志力筋を鍛えることが、誠実性やセルフコントロール能力を獲得するために必要だと思われますが、その続きについて書きます。

 

よく科学の世界で言われるのは、意志力には限界があって、有限の資産であるので、うまく使うようにしましょう。といった主張です。

 

意志力は、非常にストレスに弱い性質を持っていて、疲れていると意志力を発揮することができません。

 

これは日常生活で誰もが体験していることで、例えば、仕事を集中して、継続していると、どうしても疲れてきてしまい、集中力や持続力がなくなってきてしまうといった経験や疲れて帰ってきた後は、甘いものが食べたくなり、間食をしてしまったり、必要以上に食べ過ぎてしまったりといった経験です。

 

こういう事は日常に起きることであり、意志力は有限の資質であると言う説が一般的です。

 

実は、意志力には、限界がないらしい!?

 

スタンフォードの自分を変える教室では、限界を感じているのは脳に騙されているだけという主張があり、ためになる部分でした。

 

 1節を紹介しますと、

 

実際にはまだ余力があるのに、意志力の限界を感じると言うものです。

 

エネルギーの節約を心がけようとする脳は、ある意味ではありがたい存在であるといえますが、脳が体力の限界を恐れて体の筋肉の動きを緩めるように指示を出すのと同じで、脳はエネルギー消費量の多い前頭前皮質の活動にブレーキをかけるのです。

 

しかし、だからといって意志力が消耗してしまったわけではないので、気力を振り絞れば、まだがんばれます。 

 

自分の限界をどのように捉えるかで、諦めてしまうか粘りを見せられるかが決まってくるでしょう。

 

スタンフォード大学の心理学者たちは、自分の限界をどのように捉えるかで、諦めてしまうか粘りを見せられるかが決まってくるでしょうと述べています。

 

スタンフォード大学の心理学者たちは、自制心を発揮した後に襲ってくる精神的な疲労を感じても意に介さない人たちがいることを発見しました。

 

この実験結果により、意志力の限界は、意志力に関係する人々の思い込みを反映しているに過ぎないと結論づけました。

 

この実験結果より、下記のように述べています。

 

私たちはアスリートのように、意志力の限界が来たと感じてもそれをはね退けて、ゴールにたどり着く可能性があることになります。

 

最新の研究結果では、意志力には実は限界がないのではないかとの見方が増えているらしいです。私たちも意志力に限界がないことを信じて、意志力筋を毎日鍛えることが、成功への近道かもしれません。

 

5年後10年後には、筋トレよりも、意志力筋トレの方が盛んになっているかもしれません。意志力筋トレ、今後、注目したいです。

follow us in feedly