30代サラリーマン~目指せ!健康優良児ー仕事と僕と時々健康

2年6か月の休職を経て、会社に復職した30代サラリーマンのブログ。うつ病、健康、仕事などについて、書いてます。

めちゃめちゃ使える認知行動療法(2年で500枚の自動思考記録表を書いた実践)

私のQOL(生活の質)を大きく向上させた方法のひとつに認知行動療法があります。

普通の人でも、聞いたことはあると思いますが、この技術は、習得しておくととても

便利だと思います。

 

人間は、基本感情の生き物ですので、感情に従って、動きます。

心地よい感情であれば、問題は無いですが、負の感情がどうしても湧き上がってきます。その感情を反芻したりするといづれ鬱やストレスが溜まっていきます。

 

自分は、ダメ人間だ、とか、もう人生は終わった、とか、あいつムカつくよなぁ、といった感情になったときは、是非認知行動療法を実践すると気分が落ち着き、客観的に考えることができるようになってきます。

 

私は、2014年10月頃に認知行動療法を学び、自動思考記録表を用いて、実践してきました。最初は、難しいですが、コツをつかむと15分くらいで自動思考記録表を埋めることができます。

実際に書いた記録表は、evernoteに保存していますが、約2年半で、500枚程になっています。

 

とてももの凄い枚数のように思いますが、慣れてくると記録表を用いなくても、実践できます。わたし自体も最近の自動思考記録表の記入は、非常に少なくなってきています。

 

ネガティブな感情が多い人や、鬱傾向気味の人は、是非、習得をおすすめします。

この技術があれば、穏やかな毎日を過ごせること請け合いです。